mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

(豆より小さい)コメ知識「賞味期限と消費期限」

食品の期限表示には「賞味期限」と「消費期限」の2種類があります。

これはもう、誰でもが知っていることですが…

今日はその違いについて、確認してみましょう。


簡単に言うと…

消費期限とは「安全に食べられる」期限の目安の事です。

弁当、惣菜、調理パン、魚介や肉などの生鮮食品のほか、大体5日以内に悪くなる「傷みやすい食品」に表示されます。

「期限を過ぎたら安全が保障出来なくなり、食中毒を起こす危険がありますよ」という警告が含まれていますので、この表示があれば、必ずその日までに食べ切ってしまうことが大切です。


一方の賞味期限は「美味しく食べられる」期限の目安です。

卵や牛乳、缶詰など、比較的「傷みにくい食品」に表示されます。

期限内に食べるのがベストですが、少し期限を過ぎて食べても、お腹をこわしたりするような事はありません。


勿論賞味期限も消費期限も「未開封で、記載された正しい方法で保存した場合」という条件つきです。

そしてこの「期限」は公的な機関が決めているわけではなく、食品加工メーカーや販売業者の責任で設定することになっています。


そして、注意して見ると、食品の中には、賞味期限と消費期限が書かれていないものがあります。

例えば、丸ごと売っている野菜や果物、アイスクリーム等々です。


何故かというと、野菜や果物は誰が見ても傷みやすく、鮮度が見分けられる食品なのに対し、アイスクリームは長くおいても悪くならない食品だから。

つまり、正反対の理由で期限が未表示になっているのです。


賞味期限と消費期限の表示は、加工食品と生鮮食品の一部について、JAS法で義務付けられているのですが、アイスクリーム、ガム、砂糖、塩など「ほとんど傷まない食品」に関しては、表示しなくて良い事になっています。


アイスクリームは、マイナス18°C以下で保存すれば、数年経っても品質はほとんど変わらず、問題なく食べられます。

が、冷凍庫のドアの開け閉めで溶けかけたり、水分が飛んでしまったり、劣化が進む可能性もありますので、出来るだけ早めに食べた方が安心と言えるでしょう。


最後に卵の賞味期限について…

卵の賞味期限の目的は、サルモネラ菌による食中毒を予防することです。


 卵は古くなると、サルモネラ菌が増殖し易くなるため、菌が活発になる時期の手前で賞味期限を設定しています。

湿度などの関係で夏は短く、冬は長くなりますが「約2週間」が賞味の目安です。


サルモネラ菌は、低温と高温が苦手です。

10°C以下では増殖しにくくなり、5°C以下で増殖はストップします。

また、70°Cで1分以上加熱すると死滅します。

冷蔵庫の中で正しく保存すれば、賞味期限内に菌が増殖する事はなく、期限を多少過ぎても、加熱調理して早めに食べれば問題はありません。

が…サルモネラ菌はやはり怖いですから、期限を過ぎたものは、生食しないよう、気をつけましょう。


最近は、賞味期限の過ぎた物を安く売っているお店もあるようです。

消費期限や賞味期限の過ぎた物を食べるのは自己判断。


きちんと理解して、上手に対処することをお勧めしたいと思います。


                                              ☆ メロンパン ☆