mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

? 素朴な疑問シリーズ ? (ノックの回数)

「素朴な疑問シリーズ」始めます…


この間、テレビドラマを見ていたら、ドアを3回ノックするシーンが出てきて…


あれっ?

ドアを叩く時のノックの回数って、ルールがあるのかな〜?

と、ふと思って調べてみました。


部屋に入る時にドアをノックするのは基本的なマナーですが…

ノックの回数についてのマナーもあるようなので、参考までにお知らせしましょう。


【正しいドアノック回数は4回】

国際標準マナーに則った正しいドアノック回数は4回です。

日本では、2回ノックすることが一般的になっていますが、正式なマナーでは、これは間違いです。

2回のドアノックは、トイレのドアをノックする時。

西洋ではこれを「トイレノック」と言い、トイレ以外では、失礼な回数になるらしいです。


◯ドアをノックする回数のルール◯

⚪︎2回 : トイレのドアをノックする時

⚪︎3回 : 親しい友人や知人を訪れた時

⚪︎4回 : 国際標準マナーに則ったビジネス

             シーンでドアをノックする回数


が…

日本での統計によると…

たとえビジネスシーンだとしても、ドアをノックする回数は2回が1番多く、3回以上だと違和感を持つ人が多いようです。

なので、たとえ国際マナーだとしても、4回ノックは、日本人にとっては多すぎる回数…


そのためか日本では、3回ノックする事が、ビジネスシーンの主流として捉えられています。

会議室や顧客の応接室に入る時には、3回ノックするように心がければ、とりあえず問題はないようです。


但し、企業面接などでは、国際標準マナーを重視する場合もあると思いますので、面接前にしっかり調べてから臨むようにしましょう。


因みに私は、無難と言われている3回ノックを実行しています。


                                                        メロン ♡