mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

♫ 今日は何の日 ♫ (1月7日は七草/七草粥の日)

「今日は何の日」1月7日は「七草/七草粥の日」


1月7日は

「春の草七種を刻んで入れた粥を作って、万病を除くおまじないとして食べると良い」

とされる日です。


七草は、平安時代から続くしきたりで、呪術的な意味だけではなく

おせち料理で疲れた胃を休め、野菜が不足しがちな冬場の栄養を補う効果もある」

とされています。


春の七草とは…

⚪︎芹(せり)

⚪︎薺(なずな)

    ぺんぺん草。白い花が咲く雑草

⚪︎御形(ごぎょう)

    ハハコグサ。黄色い花が咲く雑草

⚪︎繁縷(はこべら)=はこべ

    小鳥のエサになる雑草

⚪︎仏の座

    ※ピンクの花が咲く「ホトケノザ」は食べ

       られないので注意

    春の七草の「ホトケノザ」は黄色の花が咲

    く「コオニタビラコ」のこと。

    但し春の七草を摘む頃にはまだ花は咲いて

    いません

⚪︎菘(すずな)=かぶ

⚪︎蘿蔔(すずしろ)=大根


また、1月7日は

「人日/七日正月

五節句のうちの1つでもあります。


五節句とは…

【人日(じんじつ)】

⚪︎別名 : 七草の節句

⚪︎時期 : 1月7日

⚪︎食べ物 : 七草粥など

【上巳(じょうし)】

⚪︎別名 : 桃の節句、ひな祭り

⚪︎時期 : 3月3日

⚪︎食べ物 : 菱餅、白酒など

端午(たんご)】

⚪︎別名 : 菖蒲の節句

⚪︎時期 : 5月5日

⚪︎食べ物 : 関東→柏餅    関西→ちまきなど

【七夕(しちせき)】

⚪︎別名 : 七夕(たなばた)(の節句)

⚪︎時期 : 7月7日

⚪︎食べ物 : 素麺など

重陽(ちょうよう)】

⚪︎別名 : 菊の節句

⚪︎時期 : 9月9日

⚪︎食べ物 : 栗ご飯、秋茄子など


1月7日の「人日の日」には主に、七種粥を食べる風習があることから「七草の節句」と呼ばれています。


また、古来中国では、正月(1月)各日を

⚪︎1日→鶏の日

⚪︎2日→狗(犬)の日

⚪︎3日→猪(または豚)の日

⚪︎4日→羊の日

⚪︎5日→牛の日

⚪︎6日→馬の日

⚪︎7日→人の日

としていて

「それぞれの日には、その動物の殺生はしない」

という風習がありました。


そのことから1月7日は

「犯罪者に対する刑罰は行わない」

取り決めがあったそうです。


加えて1月7日は

「肉以外の7種類の野菜を入れたものを食べる」習慣になっていました。


これが、平安時代に日本に伝わって「七草粥」になったと言われています。


この風習は江戸時代に、全国的に定着したと見られていて「五節句江戸幕府の公式行事」になっていたことからも

「将軍以下、全ての武士が七種粥を食べて人日の節句を祝っていた」との記録が残っています。


七草粥を食べる日」は、由緒ある行事の1つだったのですね〜


今の時代はスーパーに行けば、セットされた「七草粥用の野菜」が売られていて、超お手軽です。

値段もお手頃で多分、398円くらいでしょうか?


お正月にご馳走を食べて疲れた胃を休めてあげる…という意味でも、理にかなった習慣ですね。


                                   ♫ シャーベットメロン ♫