mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

♫ 今日は何の日 ♫ (12月10日は3億円事件の日)

「今日は何の日」12月10日は、誰もが忘れられない「3億円事件の日」


事件は、1968(昭和43)年12月10日の朝発生しました。


東芝府中工場で働く、従業員のボーナス3億円(正確には、2億9434万1500円)を運搬していた日本信託銀行国分寺支店の現金輸送車が、白バイを装った男に乗っ取られたのです。


場所は府中刑務所の塀沿い。

制服姿で白いヘルメットを被った男が、

「支店長宅が爆破された。この車にも爆弾が仕掛けてあるかもしれない」と言って、運転手を含む4人を車から降ろし…

輸送車の下に潜り込むと「ダイナマイトだ、逃げろ」と言って煙を出して(実は発炎筒)避難させ、その隙に輸送車を乗っ取って走り去った、という事件。


犯人は、約1.3キロ先の史跡に隠しておいたトヨタカローラに3億円の入った、3つのジュラルミンケースを積み替えて逃走。

カローラは、約4ヶ月後に、小金井市内の団地駐車場で発見され、ジュラルミンケースは残されていたものの、現金は消えていました。


白バイ警官を装った男の言葉を輸送車の銀行員らが信じてしまったのは…

実は事件の4日前、この支店に「300万円を女子事務員に持たせろ。さもないと爆破する」という脅迫状が届いていた、からなのです。


一方、奪われたボーナスは、翌日には無事支給。銀行の損失は保険(それも海外の保険会社)で賄われました。

そんな訳で発生当初は「国内では誰も損をしなかった事件」とも呼ばれていたそうです。


それにしても、偽白バイ、逃走用と何台もの車両を使い分けた手口は、当時の日本では例がなく、強烈な印象を残しました。

銃器も刃物も使わず、車を駆使して巨額の現金を奪った上に、被害額が海外の保険でまかなわれて、損した人がいなかったことから、犯人をヒーロー視するような雰囲気さえあったようです。


偽の白バイには大量の遺留品があり、盗まれた現金輸送車もその日のうちに見つかったことで、捜査員の中には、物証を一つ一つ辿っていけば、犯人はすぐに見つかる。という楽観ムードがありました。


その楽観ムードを象徴する出来事として…

事件発生直後の記者会見で、盗まれた500円札の番号2000枚(100万円分)が公表されました。

犯人が知ったら、その札を使わないか、処分してしまうだろう、と周りは危惧しましたが…

案の定、捜査は難航を極めることになりました。


犯人が残した偽白バイを調べたところ、盗んだバイクを白く塗り替え、本物に似た赤色灯やメガホンなどを取り付けていました。

後部座席の書類入れは、クッキーの空缶を利用したものでした。


こうした品に加えて、現場に残された発炎筒や逃走に使った車など。大量の遺留品があったにも関わらず、犯人に辿り着くことは出来ませんでした。


捜査本部は、銀行員らの証言から、犯人のモンタージュ写真を作り、公開しました。


が…

公開されたモンタージュ写真を手に、新聞記者が現場周辺の住民に聞いて回ったところ…

「家にモンタージュ写真を持って男が話を聞きに来たが、その男が写真に似ていた」など、当時は20歳代の若い男で、ヘルメットを被せたら似てしまう人が多く、情報提供は混乱…

捜査員は、それに振り回されることになりました。

その結果、疑いをかけた11万4368人と、情報提供された2万5357件に対し、延べ17万1805人の捜査員を投入することに…


結局、3億円事件は、1975(昭和50)年12月10日に時効を迎え、今でも多くの謎とともに、語り継がれ、誰もが忘れられない「未解決事件」になっています。


3億円事件を振り返る時に、必ずと言っていいほど注目される「説」があります。


事件後に自殺した、現職の白バイ警官の息子(当時19歳)を犯人とする説です。


実際、捜査本部は当初、この少年に注目していました。が、支店長宅に届いた脅迫状の筆跡が一致せずに「シロ」と判断されました。


が、この少年は、車の窃盗を繰り返し、オートバイの運転も上手く、白バイにも詳しかったため、共犯者がいれば犯行は可能、という見方もありました。


が…

3億円の現金は、積み重ねると4メートルもの高さになり、隠すだけでも大変だったはず。

少年の家は、そう大きくはなく、警察が実際に家を調べましたが、現金は見つかりませんでした。


しかし、この説をモデルにしたと見られる小説が出版されたり、ドラマが度々放映されたりして「警官の息子犯人説」は今でも堂々と語り継がれているのが現実です。


事件から51年が経ちましたが…

犯人が何処にいるのか、現金が何処にあるのか、謎は膨らむばかり…


「今日は何の日、3億円事件」

色々と書きましたが…

結局、多くの謎を残して終了です。


ちなみに…

昭和43年当時の物価。

大卒初任給 : 30,950円、牛乳 : 20円、

コーヒー : 80円、ビール(大瓶) : 120円

ピース(10本入り) : 50円、コロッケ : 30円

そば : 70円、カレー : 120円、銭湯 : 32円

タクシー : 120円、床屋 : 550円、映画 : 500円

国鉄 : 20円、新聞(1ヶ月) :580円、

週刊誌 : 60円、封書 : 15円、ハガキ : 7円


そして3億円は、今の価値にすると…

20〜30億円になるそうです。


                                 ♫ シャーベットメロン ♫