mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

♫ 今日は何の日 ♫ (11月21日はボジョレー・ヌーヴォー解禁日)

「今日は何の日」11月21日は「ボジョレー・ヌーヴォー解禁日」


ボジョレー・ヌーヴォー」とは、フランス、ボジョレー地区で、その年に収穫されたぶどうを使って作られた新酒のこと。


ボジョレー・ヌーヴォー解禁日」には、全国で色々なイベントが開催されたり「ボジョパ」と呼ばれるパーティが開かれたりと、お祭り気分満載のようです…


ボジョレー・ヌーヴォー」とはフランス語で

「Beaujolais(ボジョレー)」ブルゴーニュ地方の南に位置するボジョレー地区のこと。

「nouveau(ヌーヴォー)」はフランス語で「新しい」という意味

つまり、ボジョレー地区で作られた、新酒のワインのことです。


元々ボジョレー・ヌーヴォーは、ぶどうの収穫を祝うために作られていました。


収穫したばかりのぶどうを使ったフレッシュなワインを飲めるということで評判を集め、ボジョレー地区以外でも飲まれるようになっていったそうです。


が…

「どこよりも早くボジョレー・ヌーヴォーとしてワインを売れば、先行者利益を得られる」と、未完成のワインも市場に流通してしまう様になり…


フランス政府は、1960年代にボジョレー・ヌーヴォーの解禁日を作りました。

その結果、粗悪品が一気に減り、良質のワインが市場に流通するようになったのです。


ボジョレー・ヌーヴォー」の解禁日は

「毎年11月の第3木曜日」

2019年の解禁日は11月21日(木)  今日です!


ちなみに、日本は時差の関係で、ボジョレー・ヌーヴォーを飲む先進国の中で、最も早く解禁日を迎えることが、その市場価値を高めていると、言えるでしょう。


ボジョレー・ヌーヴォーというワインの特徴】

①赤ワインとロゼのみ。白ワインはありません。

ボジョレー・ヌーヴォーは、その年にボジョレー地区で収穫された「ガメイ」という品種のぶどうを100%使って作る、と決められています。ガメイは赤ワイン用のぶどう品種ですから、白ワインがないのです。


②早飲みタイプのワインだから年内に飲みきるのがお勧めです。

ボジョレー・ヌーヴォーは「旬を味わう新酒」です。

フレッシュさを味わうようにつくられているので、長期保存を目的としていません。

年内に飲みきる事がポイントです。


③冷やすことで、美味しさが引き立ちます。

ボジョレー・ヌーヴォーは、渋みが少ないさっぱりとした味わいのワインです。

少し冷やした方が美味しく飲めます。

ちなみに適温は10〜12°Cくらい。冷蔵庫で1時間ほど冷やすと良いでしょう。

※一般的なワインは、収穫したぶどうを樽やタンクに入れてじっくり熟成させますが…

ボジョレー・ヌーヴォーは「マセラシオン・カルボニック(炭酸ガス浸潤法)」という方法を用いて、短期間で仕上げます。

この方法だと、短時間で鮮やかな色素の抽出が出来る上に「タンニン」という渋み成分が少なく、フレッシュで軽い飲み口のワインに仕上がります。


④軽めの食事と相性抜群です。

ボジョレー・ヌーヴォーはさっぱりとしたワインなので、軽めの食事(サラダや、フィンガーフードなど)と良く合います。


ボジョレー・ヌーヴォーの今年の出来は?】

2019年のボジョレー地区は、春から夏にかけて、非常に気候の変化に富んでいました。

10月末の収穫期は好天に恵まれたため、果実味が豊かなぶどうを収穫出来たそうです。


【そして、今年の気になる味わいは?】

いちごやラズベリーなどにも見られる赤い果実の ピュアなフレッシュさの中に、丸みを帯びたエレガントな味わいが楽しめるようです。

デュブッフ社(ボジョレー・ヌーヴォーを世界中に広めた醸造家「ジョルジュ・デュブッフ氏」のワイナリー)では、得意のぶどうの選定(セレクション)と味わい設計(ブレンド)でベストを尽くし、ぶどう本来の良さを感じられる味わいになっているそうです。


つまり、今年の出来、味わい共に「good!」ということですね^_^


今日はきっと、スーパーにもボジョレー・ヌーヴォーがたくさん並んでいることでしょう。

2000円台で、美味しいものが手に入ります^_^

お好きな方は、味わってみてください。


                                  ♫ シャーベットメロン ♫