mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

♫ 今日は何の日 ♫ (11月19日は緑のおばさんの日)

「今日は何の日」11月19日は「緑のおばさんの日

1959(昭和34)年11月19日、通学する児童たちを交通事故から守るため、学童擁護員制度が東京都でスタート。
11月19日は「緑のおばさんの日」として、記念日に制定されています。

まだ女性の職場が少なかった戦後復興期の雇用対策として創設された職業の1つで、
設立当初は
⚪︎勤務時間 : 午前2時間、午後3時間
⚪︎日当 : 1日315円
に決まっていたそうです。

主に児童を持つ親や、地域の地主さんなどが、交通安全のシンボルカラーとなっている緑色の制服や帽子を身につけて、通学する児童のケアをしていたことから
「緑のおばさん」と呼ばれるようになりました。

因みに…
昭和34年当時の物価
たばこ(ゴールデンバット)30円、ハガキ5円 
新聞購読月390円、ビール125円
映画封切館150円、国鉄初乗り10円
大学卒初任給11297円でした。

「緑のおばさん」制度は徐々に全国各地へと広まっていきましたが、近年は存廃が議論されたり、費用対効果の面から廃止される例が相次いでいるそうです。

それに関係していると思われる記事を手に入れましたのでご紹介します。

緑のおばさんは、勤労奉仕で無収入で…
と考えている人も多いか、と思いますが…

東京都江東区の"開かれた区政を目指す会"代表の林巌氏の「多すぎる職員、甘い監視」という記事の抜粋です。

「臨時職員が安易に正職員になった例を挙げると、小学校の通学路などで、子どもを安全に誘導する「緑のおばさん」(学童擁護員)は、夫を亡くした女性の失業対策事業としてスタートした当時は日雇いでしたが、非常勤職員を経て、1965年から正規職員に格上げされました。
江東区の場合、その月額給与は67万円で、年間802万円(平成13年度)になります。
朝夕の登下校時以外は学校の清掃業務などに当たるということですが、実働2時間半の業務内容にこの給料は見合っているでしょうか」
と書かれています。

このような事が問題になったのか、緑のおばさんは、費用対効果(かけた費用に対してどのくらい効果があるか、ということ)で、各地とも、徐々に廃止されていった模様。

現在、子どもたちの安全の見守りは、各学校単位で、ボランティアで行われている場合が多いようです。

私の家の近くの小学校付近の交差点でも、ボランティアの年配の女性が、朝7時半くらいからと、午後1時半くらいから1時間以上も立って、子どもたちを見守っています。

雨の日も風の日も、暑い日も寒い日も、毎日です。
頭が下がります。

とても有難い事ですが、ボランティアに頼って子どもの安全が成り立っている、というのは、如何なものでしょう?

子どものケアに、費用対効果を持ち出して、見合うとか見合わないとか、論じる次元が違うように感じるのは私だけ?

お金がかかっても、子どもの安全はきちっと整備されるべきではないでしょうかね〜

緑のおばさんの日」はちゃんと制定されているのに、肝心の主役は何処へ?

今日は何の日、11月19日は、考えさせられる課題を残して終了です。

勉強になりました…

                                 ♫ シャーベットメロン ♫