mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

♫ 今日は何の日 ♫ (11月15日はかまぼこの日)

「今日は何の日」11月15日は「かまぼこの日」


1115(永久3)年に、初めて文献にかまぼこが登場したとされ、この年の数字の並びである「1115」をとって、全国蒲鉾水産加工業協同組合連合会が、11月15日を記念日として制定。


かまぼこが日本の歴史に初めて登場したとされる1115(永久3)年…

「類聚雑要抄」(るいじゅうぞうようしょう)(寝殿造の室礼と調度を記した古文書)に、関白右大臣の藤原忠実が、東三条殿に移転した時の祝膳にかまぼこを出したことが記されています。


かまぼことは、魚のすり身を加工した練り製品の総称ですが…

かまぼこと言って、多くの人が思い浮かべるのは、半円形の板かまぼこ。


ちなみに、かまぼこが紅白で、半円形の形が多いのは、

⚪︎魔除けの赤

⚪︎浄化の白

⚪︎めでたさの象徴:日の出の陽に似ている

ためだとされています。

そのため「おせち料理にも縁起が良い」とされ、よく用いられています。


また、11月15日といえば「七五三」

そのお祝い料理にしばしば紅白のかまぼこが用意されることも11月15日を「かまぼこの日」と制定した一因になっているようです。


かまぼこを漢字で書くと「蒲鉾」

字を見て分かる通り、語源は川辺に生えている蒲(がま)の穂に形が似ている事から来ています。

蒲は、真っ直ぐ伸びた茎に茶色いソーセージのような穂がつく植物…


「類聚雑要抄」に描かれたかまぼこの図は、蒲の穂に似ていて、ちょうど竹輪の形のようなものだったそうです。


また、室町時代の「宗五大草紙」(そうごおおぞうし)(武家故実の書)によると、当時のかまぼこは、ナマズで作られていたとか…


が、鮮度が良ければ、どんな魚でもかまぼこの原料になるため、今では日本全国、地元で獲れた旬の魚を使った、多種多様なかまぼこが作られています。


鳥取の「あごちくわ」

宮城の「笹かまぼこ」

愛媛の「じゃこ天」

鹿児島の「さつま揚げ」

なども全てかまぼこの仲間です。


京都には「魚そうめん」

また富山には縁起物を形どった「細工かまぼこ」を、結婚式の引き出物にする風習もあります。


さて、毎年のことですが…

クリスマスが終わると、年末のスーパーには、高額なかまぼこが、売り場いっぱいに並んで…

いつもより何故高いの?と思いますよね〜


あれは、年末だから(便乗で?)値上げしている訳ではなく、良い原料を使った、質の高い製品を並べているから、なのです。


年末なら有りですが、高いかまぼこはやはり需要が少ないため、普段、常時売られているものは、魚のすり身に添加物を足して食感を出すなどの工夫をし、コストダウンをはかっています。


私は、食品関係の仕事をしていたので、小田原の有名なかまぼこ屋さんとも、懇意にさせていただいて…

板の上に魚のすり身を乗せて、かまぼこを作る工程も、何度も見させてもらいましたが…


本来のかまぼこは、かまぼこ板に、グチ(鯛)のすり身などを、ヘラのようなもので半円形を作りながら、練り乗せ、蒸しあげて作るもの。


ところが、値段の安いかまぼこは、すり身が薄く液状で、板に乗せることが出来ません。

そこで、予め半円形にくぼみを作った金属の枠内に、すり身液を流し込み、その上に板を置いて蒸し上げて、製品を作るのです。

(これを、リテーナ成形と言います)


「だったら、板を乗せる必要ないですよね。枠の中で固まるだけだから」

と私が言ったら

「ところが板は、かまぼこの水分を調整する、良い仕事をしているのですよ」

とかまぼこ屋さん。


なるほど。

作り方の工程はともかく、かまぼこの板は、必要なもののようです。


では、その板ですが…

かまぼこを食べ終わった後、どうしますか?


もったいないから、何かに使えないかな〜と思う人も多いはず。


実は、かまぼこの板に絵を書いたり、小物に仕立てたりして作り上げる「板絵アート」と呼ばれるものがあるそうです。


かまぼこ会社主催で「かまぼこ板絵国際コンクール」というものが開催されているようですから、興味のある人は、調べてみても面白いかも…


かまぼこの板のサイズ…

昔は大板が一般的でしたが、食べる人の需要が減りまた、原料も高くなっている事から、今では、中板が普通。小板も有りの世界になりました。

「かまぼこは栄養もあるし(実は、必須アミノ酸のスコアがとても高いです)もっともっと多くの人にたくさん食べていただきたい」

と、かまぼこ屋さんが言ってました^_^


以上

「かまぼこの日」のレポートはこれで終了です。

年末、ちょっとお高いかまぼこを買うときに、頭の隅にチラッとでも、今日の話を思い出してください^_^


                                  ♫ シャーベットメロン ♫