mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

♫ 今日は何の日 ♫ (11月8日はいい歯の日)

「今日は何の日」11月8日は「いい歯の日


「いい(11)は(8)」の語呂にちなんで、日本歯科医師会が記念日に制定しました。


食欲の秋は、食事も進み、歯をよく使う時期である事にも由来。


また、語呂にちなんで6月4日に制定されている「む(6)し(4)歯予防デー」は、

主に子どもを対象とした記念日。


に対して、11月8日に制定された「いい歯の日」は、大人を対象とした記念日なのだそうです。


加えて日本歯科医師会では「いい歯の日」に因み、笑顔の大切さを伝えようと、毎年11月8日には、一般応募で集まった写真の中から優秀作品が選ばれ、表彰される

「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」

が開催されているそうです。


因みに、2019年に関しては、昨日(11月7日)に表彰式が行われ、俳優の竹内涼真さんと中村アンさんが選ばれた模様です。


さて「いい歯の日」から連想して、歯関連という事で…

今日私からは、歯と食べ物の深〜い関係についてお話したいと思います。


人間の歯は、32本あるわけですが…

歯の形と、歯の数に合わせて、食べるものの割合を決めるのが理にかなっている、と聞いたこと、ありますか?


人間の歯32本は、口の中で、上下と左右対象になっていますので…

例えば、上の片側だけを例にとってみると…

前の方から、野菜や果物をかじる門歯が2本。肉を噛み切る犬歯が1本。奥の方に、米や麦を噛み砕く臼歯が5本並んでいます。


つまり、野菜や果物を「2」肉を「1」ご飯などを「5」の割合で食べるようにと、歯の数で、自然が教えてくれているのです。


バランスの良い食事の基本がそこにあります。


実はこれは、漫画家のサトウサンペイさんが、書いた「食べ物さん、ありがとう」という本の中で紹介されている内容の一部なのですが…

この本の中では、食物学者の川島四郎さんが、自らの経験や実験から得た栄養学の基本を、分かりやすく教えてくれています。

それをサトウサンペイさんが、漫画混じりの文章で書いているので、1時間ほどで読めてしまう楽しい本。


皆さんにぜひ、お勧めしたいところなのですが…

実は、昭和60年代に書かれた古い文庫本。

もう手に入らないかもしれません…


「食べ物さん、ありがとう」

「続・食べ物さん、ありがとう」

「続々・食べ物さん、ありがとう」

3冊あります。


興味のある方は、ネットで検索してみたら、見つかるかもしれません…


以上、いい歯の日は何故か、食べ物関係の本の紹介でおしまいです。

ではまた次回。

別のテーマでお会いしましょう。


                                    ♫ シャーベットメロン ♫