mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

♫ 今日は何の日 ♫ (10月17日はカラオケの日)

「今日は何の日」10月17日は「カラオケの日」


1994(平成6)年10月17日に「全国カラオケ事業者協会」が設立されたことを受けて、同協会が、この日を記念日に制定。


カラオケというと、外国から輸入されてきたもの…と思う人がいるかもしれませんが、実は、日本で発明されたものなのです。


カラオケの語源は「空のオーケストラ」

一説には、NHK交響楽団員らの雑談から出てきた言葉だと言われています。


当時は、放送業界で、費用削減のため、生演奏の代わりにテープやレコードを用いることを「カラオケ」と言っていたようです。


そして、録音された楽曲に合わせて、歌手が歌った事が、カラオケの歴史の原点、と言われています。


1970年、パイオニアが発売したマイクミキシング機能付きセパレートステレオ「S-88」が、カラオケ時代を先取り。

スナックで、プロ歌手の伴奏用テープとして使われたのが「カラオケ時代」の始まりになりました。


1976年〜1978年

業務用カラオケ導入から、ホーム用カラオケへと、色々なメーカーが参入。

市場は、どんどん拡大していきます。


1985年、岡山県で、船舶用コンテナを利用して、日本で初めての「カラオケボックス」が登場しました。


その昔…

まだ私が(かなり)若い頃には、クラブのようなところで、ピアノ伴奏で歌ったりしていましたが…

お酒を飲むと歌いたくなる…

カラオケがスナックから発展していったのが良くわかります。


そのうち確か、カセットを入れ替えて使うカラオケが現れて、歌詞カードを見ながら、誰でも気軽に歌える時代に…


そして今では、大画面に歌詞が出て、音量はもちろんテンポも音程もエコーも、意のままに変えられる時代に…

マイクはワイヤレス。

精密採点から、全国ランキングまで、色々チョイスが出来て至れり尽くせり。


いつも思うけれど、カラオケの世界でも、ここ30年くらいの、メカの進み方はすごいです。


カラオケボックス、しばらくご無沙汰していますが、今度行った時、ちゃんと操作できるでしょうか。

ちょっと不安…


カラオケの日をきっかけにぜひ、各メーカーの人には、中高年の皆さんが安心して使えるカラオケシステム導入を考えて頂きたいものです。


熟年に優しいカラオケボックス希望。


そしてぜひ、ご一考。

熟年割引きを…^_^


勝手な希望で「カラオケの日」に関してのレポートは終了。

また後日、お会いしましょう^_^


                                  ♫ シャーベットメロン ♫