mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

♫ 今日は何の日 ♫ (10月4日は徒歩の日)

「今日は何の日」10月4日は「徒歩の日」


「10(ト)4(フォー)」=「徒歩」

ちょっと苦しいですが、語呂合わせ。

「徒歩の日」は、宮崎県宮崎市の「徒歩を楽しむ会」代表、貞原信義氏によって制定された記念日です。


貞原氏によると、この日を「日常生活の中で歩く習慣を取り戻し、健康になりましょう」

という事を目的としているそうです。


現代は、車を運転したり、電車、バスなどの交通機関もあり、便利な反面どの人も、昔より歩く機会が減っています…

が、わずか100年前までは、徒歩で長距離を移動するのは当たり前の事でした。


怪我や病気で長期入院をした場合…

足の筋肉が弱って、立って歩く事さえ不自由になり、リハビリしてからやっと退院になった…

良く聞く話です。


足腰は使わないと弱ります。

入院は極端な例としても、日常生活の中で、「出来るだけ歩く」事は大事な要素です。


「徒歩の日」を機会に、ちょっとの距離は歩いて移動する、という習慣を身につけてみては如何でしょう?


因みに…

不動産会社のホームページを見ると「徒歩◯◯分」という表記が用いられていますが、これは、80mを徒歩1分の距離として換算しています。

よって「駅から徒歩5分」と書かれている場合は、最寄りの駅から400mの距離があるということですね。


昔はどうだったのでしょうかね〜

私は、不動産会社の「徒歩◯◯分」は、アテにならないものと、認識していましたが…


現在は、これは明確な規則として存在しています。

距離をごまかして、少しでも駅から近く見せようとすると、処罰の対象になりますから、不動産会社の徒歩表記は、信頼して大丈夫です。


しかも、この、80mを1分としたのは、実際に女性がヒールを履いて歩いて確かめたものが基準になっています。


従って、男性の足なら、この時間より早く、子どもや老人などであれば、この時間より遅く最寄りの駅に到着すると、思ってておけば、間違いないでしょう。



最後に「ハイキング」と「ウオーキング」と「散歩」の違い。


ハイキング…

基本的には、目的地を決めて、景色などを楽しみながら歩くこと。


ウオーキング

基本的には、運動不足を補ったり、健康になるために行う運動。

ハイキングと比べると、ちゃんと腕を振って歩いたり、歩数計を使って…

汗をかいて、痩せるために行っている人が多いです。


散歩…

特に目的も決めずに、ぶらぶらと散策する事。


人間って…

1日で平均5キロを歩いて、寿命が80年とすると、一生で「5×365×80=146,000キロ=地球3周半」という距離を歩くそうです。


もっとも、生まれてから4〜5歳までは、それほどの距離を歩ける訳もなく、80歳になって5キロというのも、相当な健脚家だとは思いますが…

でも、一生のうちには、かなりの距離を歩く事は、間違いのない事実のようです。


やはり日常から、なるだけ歩く事を習慣づけて行きたいものですね^_^

「徒歩の日」を機会にぜひ^_^

雨にも負けず、風にも負けず…


                               ♫ シャーベットメロン ♫