mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

˚✧₊⁎キラキラ輝く幸運の令和にようこそ⁎⁺˳✧༚(早起きと午前中の使い方)

世の中には「成功者」と言われる人が数多くいます。


出来たら「成功者」の仲間に入りたいと、誰もが思っている訳ですが…

でも一体、何をどうしたら「成功者」になれるのか…


「成功者」とそうでない人との違いはどこにあるのでしょう?

もちろん、違いはたくさんあるのでしょうが、とりあえず言えること。


成功者の皆さんは、全てにおいて「早い」です。

まず第1に「早起き」

大体の人は朝、4時〜5時くらいに起きています。

これは、彼らが時間の大切さを知っているからです。


ビジネスで大成功を収めたある経営者の方は「成功者は早起きが多いが、もっと言うなら、早起きの習慣が身についている人は、そうでない人に比べて成功する確率が高い」と断言されています。


では、早起きとそうでない人の時間の使い方を比べてみましょう。

両者とも、午後の時間の使い方は、そう変わりません。

昼食を1時間とった後、午後5時か6時まで仕事をします。


ところが、午前中の時間の使い方はどうでしょう?

朝5時に起きる人は、身支度と通勤に2時間かかったとしても、12時まで、5時間仕事をすることが出来ます。

一方、朝7時半に起きる普通の人は、午前中2時間半しか使えないわけで、この差は非常に大きいと、言えるでしょう。


残業して取り戻せば良い、と思うかもしれませんが、夜の残業は、仕事がダラダラしがちです。

夜は、時間がたっぷりあると思い、気持ちが緩んでしまうからです。


午前中、目一杯仕事をした人は、定時に退社し、夜はまた、別の有意義な時間を過ごすことが出来るのです。


両者の違いは一目瞭然ですね。


アメリカの「鉄鋼王」カーネギーの話です。

少年時代、貧乏だった彼は、電報受信・配達夫として生計を立てていましたが、毎朝、誰よりも早く出勤していたそうです。

彼が朝早くにしていたのは、配達する番地や姓名の暗記だったそうです。

それにより、彼の仕事は、迅速で間違えのないものになりました。

周りからの賞賛が集まり、それが成功への第一歩になったという話です。


成功者の皆さんが、朝早い時間を大切にしているのは、最も集中しやすい時間だ、という事を知っているからです。


最近は、朝1番に会議をする会社が増えてきました。

短い時間で集中して会議をし、その後、いつも通りの仕事にかかって…

会議に費やすはずだった時間が丸々浮いて、仕事の効率も上がったと、評判は上々です。


中には朝「立ったまま会議」の会社もあるとか…


朝早く起きて、午前中を目一杯上手に使えれば、人生にゆとりが出てきそうですね。


ゆとりの先に見えるのは、キラキラ輝く幸運^_^


早速明日から、1時間早く起きる生活、してみませんか?


もちろん、土曜日も日曜日も。毎日です。


                                                      メロン ♡