mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

(豆より小さい)コメ知識「肥満の人の食事に最適・トマト」

トマトは「赤ナス」と言われるように、ナス科の植物です。


スーパーやデパ地下の野菜売り場に行くと、種類も豊富で、色々なトマトが売られていますね。


トマトといえば「赤」のイメージですが、黄色やグリーン、オレンジ色のものも…

実は、トマトは種類が多くて、日本国内だけでも100種類以上の品種があり、世界中で見ると、何と8000種類以上もあると言われています。


日本で1番ポピュラーな品種は「桃太郎」

クセのない、まろやかな風味が人気の秘密のようです。


トマトに含まれる「リコピン」(赤い色素)には、強い抗酸化作用があり、生活習慣病の予防のためにも、大いに食べたい野菜の1つです。


他には、ビタミン類(カロチン、ビタミンC、ビタミンB群) 

ミネラル類(亜鉛、鉄、カリウム等)が多く、高血圧や糖尿病患者に良く、肥満の人の食事に最適と言われています。


西洋では「トマトが赤くなると医者が青くなる」という諺があります。

また「トマトを作る家に病人なし」ともいわれています。


ただし、食べ過ぎると体を冷やすので、注意しましょう。

が、トマトを食べると満腹感を得られるため、痩せたい人にはぜひ、お勧めです^_^


最後に、皮の剥き方。

トマトは、皮つきのままでも美味しく食べれますが、皮を剥くと舌ざわりが良くなります。

食感が良ければ美味しさも増しますので、高級レストランなどでは、湯むきして使うのが常識になっています。


でも…

包丁で皮を剥くのは、ちょっと面倒くさいですね。

そこで「湯むき」をするわけですが…

湯むきの仕方→ヘタを取り除き、沸騰した湯にトマトを数秒つけ、皮にヒビが入ったところで冷水にとります。

もっと簡単な方法(直火で剥く)→ヘタの部分にフォークを刺して直接コンロの火にかざし、皮がヘナっとしたところで冷水につけると、皮はスルッと剥けます。


おまけ…

ちょっと意外な皮の剥き方

トマトを冷凍し、凍ったまま水につけるか、流水に当てれば、自然と皮にヒビが入って、簡単に剥けます。


トマトは凍ったままでも調理出来るので、覚えておくと便利です。

あらかじめ、ヘタを取り除いておけば、あとの処理も楽ですね^_^


                                               ☆ メロンパン ☆