mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

♫ 今日は何の日 ♫ (9月26日はワープロ記念日)

「今日は何の日」9月26日は「ワープロ記念日」


世界初の日本語ワープロ(JW-10)が東芝から発表されたのは1978(昭和53)年9月26日。

この日は「ワープロ記念日」として制定されています。


開発者の森健一氏は、ある新聞記者との雑談の中で「欧米の新聞記者に比べて、日本の記者は、記事を書くのが遅い」と指摘を受け…


森氏はその原因が「道具の差」だと考え、日本語ワープロの構想を持った、とされています。


発表された日本語ワープロ(JW-10)は

幅 : 115cm

奥行 : 96cm

重量 : 220kg

価格 : 630万円…


価格と、当時の必要性から、発売当初、販売数は伸び悩みましたが…

どんどん小型に、値段も安くなり、1980年代になると、一般家庭に普及していきました。


懐かしいですね〜

私も以前は、ワープロを使ってましたから。


でも、その昔…

ワープロが出来る前は…

和文タイプ」というものがあったことを知ってるでしょうか。


私が最初に就職した会社では「タイプ室」という部屋があって、タイピストお姉さんたちが大勢いました。


この「和文タイプ」は、日本語の文章を活字体で作成する機械装置。

活版術改良協会の技術主任だった杉本京太氏により1915(明治18)年「邦文タイプライター」として発明されました。

これにより、日本語の文書作成は、一気に効率化した、といわれています。


英文タイプは、アルファベット26文字と、数字と記号くらいで間に合いますから、開発も簡単。古くから広く、手軽に使われていましたが…


日本語となると…

かな、カタカナ、そして膨大な漢字…

ワープロやパソコンのように、変換が出来なかった時代。


私が知っている「和文タイプ」は、大きな版に、ひらがな、カタカナ、漢字のハンコのようなものがビッシリ(2400文字とか…)詰まっていて、それを一文字ずつピックアップして印字してゆくものでした。

タイプライターのお姉さんたちは、早い手つきで、文章を完成していくのですが、一文字ずつ拾う作業は大変で、時間もかかっていました。


和文タイプは、ワープロの普及とともに、急速に姿を消していきましたが、少なくとも、1999年5月までは生産されていたそうです。


そして…

その和文タイプを駆逐したワープロが、パソコンに押されて、わずか4年後の2003年9月に生産終了となったのは、何とも皮肉な話です。


今は、ほとんど見かけなくなったワープロですが、ワープロを使ったおかげで、パソコンにすんなり移動できたな〜って気もします。


時代はどんどん便利に進化していきますが、それとともに、役目を終え、消えていくものもあるんだな〜と、つくづく…


そういえば「ポケベル」もなくなる、ってテレビで報道されてましたけど…

まだ使ってる人、いたのですね〜


                                   ♫ シャーベットメロン ♫