mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

(豆より小さい)コメ知識「冷蔵庫の暴れん坊って?」

冷蔵庫の暴れん坊(?)って、何だと思います?


それは…

「リンゴ」です。


専門家の間では、冷蔵庫の中で悪さをするから「リンゴ野郎」とも呼ばれているそうです。


では、何故暴れん坊なのでしょう?


リンゴをむき出しのまま冷蔵庫に入れると、エチレンガスが発生します。


エチレンガスとは…

植物の熟成を早める成分。

つまり、老化=腐敗のスピードを早める、成長(老化)ホルモンのようなものなのです。

そのガスが、周りの野菜や果物の熟成をどんどん進め、早くしぼませてしまうのです。


冷蔵庫にリンゴを入れる時には、ポリ袋などに入れ、しっかり口を閉めて、エチレンガスが、飛び散らないようにしましょう。


リンゴの他にも、キウイフルーツやアボガドや、カット野菜など、エチレンガスを発生するものはありますが、リンゴほどには、周りに影響を与えないようです。


が、このリンゴのエチレンガス、悪いことばかりではありません。


未熟なキウイフルーツやバナナなど、リンゴと一緒にポリ袋に入れておくと、熟成して美味しくなります。

これ、エチレンガスの力です。

また、渋柿や、酸っぱいみかんなども、リンゴと一緒にしておくだけで、美味しく変身してくれます^_^


袋入りのリンゴを買った場合は、すぐ袋から出し、1個ずつバラバラにして保管しましょう。

でないと、袋の中でリンゴ同士が影響し合い、腐敗を早めてしまいますから…


ちょっと厄介ですが、エチレンガスの事を正しく理解しておけば、リンゴも周りの野菜や果物も、美味しく長持ちさせることが出来ますので、安心してください^_^


なおリンゴは、毎日必ず食べたい果物。

リンゴには、ペクチンという、食物繊維が多く含まれています。

ペクチンは、コレステロールの吸収を調整し、便秘を予防し、動脈硬化や高血圧の予防にも効くと言われています。

また、腸内では、善玉菌の繁殖を促し、悪玉菌を退治してくれるのです。


寝る前にリンゴを食べると朝、便通が良いので、ドイツには「毎晩1個のリンゴは医者を遠ざける」と言う諺もあるそうです。


出来れば皮を剥かずに食べる事をお勧めしたいのですが…

心配な農薬は、リンゴをしばらく水につけてから、石鹸で洗い流すようにしましょう。

化学合成の洗剤は不可です。


皮を剥く場合は、出来るだけ薄く…

養分は皮の下に多く含まれています。


もう少し暦が進めば、リンゴの美味しい季節がやって来ます。


正しく保管をして、美容と健康のために、美味しく頂きたいものですね^_^


                                              ☆ メロンパン ☆