mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

♫今日は何の日 ♫ (8月21日はパーフェクトの日)

「今日は何の日」8月21日は「パーフェクトの日」


「パーフェクト」

何て刺激的な言葉…

8月21日、いくつもの記念日がある中で、レポートはこれだ!と一目見て決めました。

が…


あ〜なるほど…

「8月21日、パーフェクトの日」とは…

プロボウラーの中山律子選手が、女子プロ初のパーフェクトゲームを達成した日。

1970(昭和45)年の事です。


ちょうど、TV中継されていたゲームで、女子プロ初のパーフェクト達成のインパクトは、予想を超えた社会現象に…

CM曲   "律子さん、律子さん、中山律子さん〜

は、その年の流行語にもなりました。


中山プロは女子プロボウラーの第1期生。

須田開代子プロ、並木恵美子プロと共に、1時代を築きました。


当時、昭和の爆発的なボウリング人気を支えていた女子プロ。

ユニフォームとしていたミニスカートは、ひざ上何センチと、短めに(?)決められていたとか…


因みに、須田開代子さんは1938年生まれ。

残念ながら、57歳で亡くなられましたが、生きていたら現在81歳。

プロボウラー西城正明さん(五月みどりさんの弟。小松みどりさんの兄)と結婚した事でも有名です。


並木恵美子さんは1949年生まれ。70歳

現役の頃の大活躍で、永久A級ライセンスを取得しています。

現在は、レッスン、レセプションなどがメインの生活。時々、TV等にも出ているようです。


そして、中山律子さん。

1942年生まれ。現在75歳。

1974年に結婚されましたが、旦那様情報は、オブラートに包まれて、出てきません…

が、娘さんが1人いる模様。ボウリングはしてなくて、現在は結婚しているとか。こちらも、オブラートに包まれて、はっきりとは分かりません…

ご本人は現在、

日本プロボウリング協会名誉会長

ジャパンレディスボウリングクラブ会長

として、ボウリングの普及活動に尽力中。


75歳の今でも、1ゲーム200近いスコアを出すそうですよ^_^

素晴らしい^_^


さて、ボウリングですが…昭和の爆発的なブームのピークは、1972(昭和47)年。

が…

ボウリング場が急激に増えた事による需給バランスと、オイルショックで、人気は加速度的に落ち込みました。


1990年代になると、施設の老朽化などで、他のスポーツ施設や、飲食店、ゲームセンター、カラオケなどをプラスした、複合型施設に、次々と生まれ変わりました。

スコア計算の自動化なども進み、人気は、徐々に回復。

ボウリング場の数自体は減りましたが、根強い人気に支えられているようです。


面白い(?)ネタ。

ボウリングの本場はアメリカですが、世界一のボウリング場は日本にあるって、知ってましたか?

愛知県にある稲沢グランドボウルは、1フロアに116レーン。何と端から端まで200m。

ギネスの世界記録に認定されています。

また、レーン数だけで見ると、名古屋グランドボウルは、3フロアに156レーン。

世界最多のレーン数として知られているそうです。


それにしても、愛知県の人はボウリングが大好きなのでしょうか?

それとも、ドカンと大きいのが大好きな県民性でしょうかね〜


一方、日本で1番小さいとされているのが、伊豆諸島・利島(としま)の勤労福祉会館の中にあるボウリング場。何と2レーンだけだそうです。


ボウリングの事、長々と書きましたが…


1970年代の爆笑的ブーム。実は、私もハマっていた1人です^_^

中山律子さんの、女子プロ初のパーフェクトゲームも、テレビで、ですがリアルタイムで観ていました。

第9フレームまでパーフェクトで、10フレーム目に入って…

手に汗を握る瞬間が、そこにはありました。

思い出しますね〜


そして…

ボウリングの事を色々調べていて…

何と、中山律子さんは、私と同じ誕生日だという事が分かりました(年齢は違いますよ)^_^   


という訳で…

今日のレポートは、思いっきり、どうでもいい個人ネタで終了です^_^


さて次は…

何の日でお会いしましょうかね〜

お楽しみに^_^


                                   ♫ シャーベットメロン ♫