mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

♫ 今日は何の日 ♫ (8月20日は蚊の日)

「今日は何の日」8月20日は「蚊の日」


1897(明治30)年8月20日

イギリスの細菌学者ロナルド・ロス博士が、羽斑蚊(はまだらか)の胃の中から、マラリアの原虫を発見したことを受けて、記念日に制定。

博士は、その功績で、第2回ノーベル賞を受賞しています。


経緯は分かりましたが…

「蚊の日」というのは、誰が、何のために作ったのでしょうかね〜

「蚊の日」に因んだイベントとか、あるのでしょうか? 

良く分かりませんね「蚊の日」の意味が…


でも、せっかくですから…

今日は「蚊」について、ちょっと調べてみました。


蚊といえば…

夏の吸血鬼として有名ですが…


実は、蚊のエネルギー源は糖分で、普段は花の蜜などを餌として生活している、他の虫と変わらない昆虫なのです。


では、血を吸うのは何故?


◯血を吸うのは、交尾した雌の蚊だけです。

    雌にはメインの胃袋とは別に、血液専用の       

    胃袋があります。


蚊は常に血を求めていると思われがちですが、夏場大体2〜3日に1回血を吸う程度だそうです。

そして、一生の内に1匹の蚊が吸う血の量は、せいぜい5mgほどだそうです。


では、吸った血は何に使うのでしょう?


◯蚊が血を吸うのは、産卵に必要な栄養源を

    確保するためです。


卵巣発達に必要なたんぱく質必須アミノ酸を、吸血により摂取しています。


人間の血一滴で蚊は、何百という卵を産みます。

1回産卵した後でも、また1週間もすれば、吸血、産卵を行います。

蚊は、大量の卵を数回に分けて産むようです。


◯交尾後の雌の、血液への欲求は、とにかく

    凄いらしいです。


蚊が1番無防備になるのは吸血中。1〜2分は

夢中で吸い続けるそうです。

(吸血中に)邪魔が入ると一時中断しますが、お腹が満たされるまでは、何度でも刺してきます。


◯では何故私たちは、血を吸われている事に

    気づかないのでしょうか?


実は(吸血していることを)気付かれないための麻酔成分や、血が固まらないようにするための成分を含んだ唾液を、注入しているからなのです。

(吸血時に、この麻酔成分を含んだ唾液を注入しないと、刺された瞬間、激痛が走るそうです)


蚊の針は、先端がギザギザしています。この針を皮膚に突き刺すのではなく、上下に細かく振動させながら、皮膚や筋肉の細胞を押しのけるように切り開き、刺していくのです。


こうする事で、皮膚との摩擦が少なくなり、唾液の麻酔成分も相まって、全く人間に気付かれずに吸血する事が出来るのです。


さて…

蚊の被害ですが…

最も恐ろしいのは、刺される事により、感染症にかかってしまう事です。


蚊が媒介する感染症として、日本では、日本脳炎と、近年ではデング熱が知られています。


では、蚊に刺されないために出来る事は?


◯蚊を発生させない


蚊の幼虫であるボウフラは、空き缶、ペットボトル、バケツ、側溝、古タイヤ、植木鉢の鉢受け等、少しの水があれば、孵化してしまいます。

家の周りの水たまりを無くし、溝の掃除をして、ボウフラの住みかを無くすことを心がけましょう。


◯蚊に刺されないために出来ること

    「外出時、屋外作業」

長袖を着用し、皮膚の露出を避けましょう。

虫除け剤を使用しましょう。


◯蚊に刺されないために出来ること

    「屋内」

窓や玄関、網戸をしっかり閉めましょう。

蚊に効く殺虫剤で、蚊のいない空間を作りましょう。


では、蚊に刺されやすい7つの条件とは?


①暗い色の服装

    蚊は、周囲に馴染まない格好や、暗い色の   

   服装を好んで、反応し易い習性がありま す


②動くものに反応し易い

    動けば動くほど「生きている」事が判明で

    きるため、狙われやすくなります。


③体温が高い

    体温が高い人は狙われやすくなります。

    特に妊娠している女性は、1.26度ほど、体

    温が高くなるので要注意です。


二酸化炭素

    これも、妊婦さんは、排気量が21%ほど増

    加するので要注意。

    同じ理由で、子どもより、体が大きくCO2

    の排気量が多い大人の方が、狙われ易くな

    ります。


⑤ビールを飲むと蚊が寄ってくる

    アルコールの摂取前後で、蚊の寄りつきか

    たがどう違うか実験をしたところ、ビール 

    は1缶(350ml)飲んだだけでも、蚊を寄せ付 

    ける事が判明。


⑥肌や汗の成分

   遺伝的な要因が大きく、蚊を引き寄せ易い

   タイプの人がいます。


⑦血液型

   巷の噂通り、O型が、最も刺されやすいそ

   うです。

   続いてB型、A型の順だそうです。


またまた大昔の話になりますが…


幼い頃、夏の夜は大きな蚊帳(かや)を部屋に張り、その中で家族が川の字になって寝ていたな〜


蚊取り線香の匂いと、開けた窓からの心地よい風…

思い出します。


というわけで…

自分勝手な、懐かしい話で「蚊の日」についてのレポートは終了です。


まだまだ夏は続きます。


蚊に刺されないよう、貴方も私も、気をつけましょう^_^


                                  ♫ シャーベットメロン ♫