mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

(豆より小さい)コメ知識「もやしの日持ちを良くする」

スーパーの野菜売り場にズラッと並んでいるもやし。

4種類ほど流通しているようですが、その殆どを占めるのは「緑豆もやし」

軸が太めで、シャキシャキとした食感が好まれているようです。


原料となる豆(緑豆)は、中国から輸入され、日本国内で育てられています。


もやしは完全に室内栽培されるため、天候の影響を受けず、安定的に供給出来るメリットがあります。

が最近、豆の価格が上がってきているので、その点が少し悩ましい所ですね。


値段が安く、色々な料理に使えてクセもなく便利なもやし。

冷蔵庫に常備しておきたいのですが、日持ちが悪く傷みやすいのが唯一の欠点…


でも実はこれ、もやしが生きて呼吸している証拠。しかも、意外と生命力が旺盛なのです。


もやしは、暗い中で育てられるので、その環境の中で、何とか芽を伸ばそうと頑張ってしまうそうです。


なので、もやしの日持ちを良くするためには、熱を加えて「生長」を止めてしまうのが1番効果的です。


①熱湯をまわしかける。

②湯にくぐらせる。

③電子レンジで少し加熱する。


何れかの方法で熱を加えたら、水気を切り、密閉パックなどに入れて、冷蔵庫へ。

保存期間は5日ほど延びるはずです。


もやしは、ビタミンB群、C、Eを豊富に含んでいるため、疲労回復や風邪の予防に良いと言われています。

また、食物繊維が多いので便秘にも効果的。コレステロールや食塩の吸収を妨げる力も持つ、と言われています。


日本で最古の薬草についての書物「本草和名」に紹介され、薬膳料理にも使用されるもやし。


健康にも良いし、これからもどんどん、積極的に使っていきたいですね^_^


                                           ☆ メロンパン ☆