mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

♫ 今日は何の日 ♫ (8月16日は女子大生の日)

「今日は何の日」8月16日は「女子大生の日」


今回の、この「女子大生の日」は、語呂合わせとかではなく、1913年(大正2年)8月16日、日本で初めて、3人の女子大生が誕生した史実に基づき、制定された記念日です。


当時は、女性には学問は必要ないという考えのもと、大学に入るのは男性と、暗黙の了解があったのですが…


大正2年、東北帝國大学(現:東北大学)が「女性の受験を認める」と発表。


驚いた政府は、文部省を通し「女性を大学に入学させるというのは前例がなく、すこぶる重大な事件である」との詰問状を、東北大学総長の澤柳政太郎氏の元へ届けました。


が、澤柳氏は、文部省に出頭して、女性が教育を受ける権利を熱心に主張。

入学試験は、予定通り行われて、日本で初めて3人の女子大生が誕生したのです。


3人は、真面目に勉強に勤しみ…

その中の1人、黒田チカさんは、卒業後理学士に。また、丹下(たんげ)ウメさんは、日本初の女性農学博士として活躍。

2人は「日本のキューリー夫人」と言われ、様々な研究成果を発表しました。


3人の女子大生の真摯な姿に影響を受け、その後、女性が次々と、東北大学受験を希望するようになった、という事です。


澤柳政太郎氏の語録に「知らないのは恥ではない。知ろうとしないのが恥である」など、色々な言葉が残されているそうですが、先見の明を持った、素晴らしい人だったんだろうな〜と思います。


学びたい意志はあっても、学問の道を閉ざされていた女性たちにとって、彼の英断は、どれだけの光を当ててくれたか、計り知れません。

日本の歴史を動かした人、と言っても過言ではないでしょう。


そして…

初めての女子大生が誕生してから106年…


最近の女子大生事情はどうなっているのか、女性の大学進学率を調べてみました。


1984年(昭和59年)→12.7%

1994年(平成6年)→21%

2000年(平成12年)→31.5%

2007年(平成19年)→40.6%

2018年(平成30年)→50.1%


今では、女性の2人に1人が大学に行く、豊かな時代になりました。

が…


私が気になる、最近の「女子大生」の(多分、ごく一部の)(と思いたい…)実態…


「平成生まれは考えた事ない(とり肉ってなんの肉?)」のテレビ番組の中で…

ジンギスカン料理を、ジンギスという鳥の「カン」という料理だと思っていた女子大生…

太陽が西から昇ると思っていた女子大生…

ウールを馬の毛だと思っていた女子大生…

最高学歴の女性とは思えない珍回答の数々に、びっくり…


まぁ、テレビを見ている私たちも、呆れながら、結構面白がっている訳ですが…


爪を飾り、磨くのも良いでしょう。

念入りに化粧をするのも良いでしょう。

でも…

最高学歴者として、知ってて当然の社会の常識…

考えたことなかったから…

などと言わずに、会話の中等で、分からないことや知らない事が出てきたらすぐ調べ、学んで即、身につけて頂きたいものと、思います。


周りから「さすが女子大生」と言われる日を目指しましょう^_^


さて…

話は最初に戻ります。


日本初の女子大生が誕生したのは8月16日。

あれ〜?  4月じゃないの〜?

と思った方もいらっしゃる事でしょう。


明治維新を境に、西洋文化がどっと日本に入ってきたわけですが、当時は、外国に右へ倣えで、学校は9月入学になっていました。

その後、明治から大正にかけて、何かと日本人にとって都合の良い4月が、入学シーズンに決められていったそうです。


ですから日本初の女子大生が誕生した時代はまだ、9月入学だったのですね。

といったところで、今日の話は終了。


女子大生の皆さん!

頑張ってください^_^


知らない事は恥ではありませんよ。知ろうとしないのが恥なのですから^_^


                                   ♫ シャーベットメロン ♫