mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

♫ 今日は何の日 ♫ (8月2日はカレーうどんの日)

「今日は何の日」8月2日は「カレーうどんの日」



6月2日がカレーの日

7月2日がうどんの日。

じゃあ、8月2日はカレーうどんの日にしましょう、という事で制定された模様。


面白いですね〜


では「7月2日」うどんの日の謂れは?


香川県では、毎年半夏生(はんげしょう)(大体7月2日頃)にうどんを食べる習慣があることから、この日を「うどんの日」と制定したそうです。


因みに「半夏生」とは雑節(節分、彼岸、八十八夜、土用等)の1つ。耳慣れない人も多いかと思いますが、田植えの目安となる大事な日だそうです。


そして、カレーの日は?


あれ〜っ…?

調べてみたら、カレーの日は1月22日。

「学校給食にカレーが取り入れられた記念の日」になっています…

6月2日じゃないの〜?


あらら?

と思って更に調べたら、出てきました。

「横浜カレーの日」^_^

6月2日は横浜港が開港した日。ついでにカレーも入ってきたので、この日を「横浜カレーの日」と制定。納得^_^


カレーの日とうどんの日の謂れが分かって、ちょっとスッキリ^_^


では…

ここからは、カレーうどんについての雑ネタをお知らせしましょう^_^


カレーうどん」発祥の地は、東京・早稲田の「三朝庵」というお蕎麦屋さん。

今までになかった斬新なメニューは、あっという間に、早稲田の学生さんの間で大人気になったそうです。


因みに「カツ丼」も同じ「三朝庵」が発祥と言われています。

イデア豊富なご主人がいらしたのでしょうかね〜


残念ながら「三朝庵」は、去年2018年7月31日で閉店。100年以上の歴史に幕を閉じました…


カレーうどんと言えば…

カレー南蛮というのがありますが、この2つの呼び名の違いは何でしょうかね〜?


一般には、カレーうどんの麺はうどん、一方のカレー南蛮は蕎麦。麺の違いと思われている方も多いようですが、お店でカレー南蛮を頼むと「うどんですか?蕎麦ですか?」と聞かれたりして、 定かな違いはないようです。


が…入っている具に目を向けると…

カレーうどんには玉ねぎが使われ、カレー南蛮には長ネギが使われていると…

これも、はっきり決まっている訳ではないらしいのですが、ただ…


カレー南蛮の「南蛮」は、大阪・難波地方のネギを「ナンバ」と言うところから名付けられたと、だから南蛮にはネギが使われているのだと。

有力情報ですが、定かではありません…


でも今日はせっかくのカレーうどんの日ですから…


カレー南蛮でも食べながら、謂れの由来など、あれこれと想像でもしてみましょうかね〜


日本は平和ですね〜


そして日本人は「今日は何の日」が大好きです^_^


                              ♫  シャーベットメロン ♫