mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

♫ 今日は何の日 ♫ (8月1日は水の日)

「今日は何の日」8月1日は「水の日」


1年を通して、最も「水の使用量」が増える8月…

国土庁(現:国土交通省)が

「節水を呼びかけ意識してもらう」

「水資源開発の必要性」

などのメッセージを込めて、8月1日を「水の日」に制定しました。


水に因んでこの日は「洗濯機の日」でもあるそうです。


湯水のように…という言葉の通り、日本人なら誰もが、いつでも、ふんだんに使えると思っている「水」ですが…


実は…

世界に目を向けると…


例えば、水道水を飲める国って、世界中で15ヶ国ほどしかないそうです。

そしてその中には、飲めると言っても質が悪く、基本的には口にしない、飲むのはミネラルウオーター…という国も。


日本人にとっては普通の事ですが、調べてみると、水道水を安心して飲めるって、とても有り難い事なんだな〜と、改めて考えさせられますね〜


では、日本の水道水が世界一かというと、残念ながら、そうでもない模様…


驚きましたね〜    アイスランド

アイスランドでは、消毒などの手を加えていない「天然水」が、水道から流れてくるそうです。

アイスランドの水は、世界で最もきれいな水。料理よりも水が美味しい、と言われるほどだそうです。

ちょっと飲んでみたいですね〜

日本の井戸水みたいなものでしょうかね〜


さて…

水には硬水と軟水がある訳ですが…

ご存知の通り、日本の水は軟水です。


硬水と軟水の違いは「硬度」の違い。


硬水は、カルシウム、マグネシウムが多く含まれているため、重く苦味を感じる口当たりです。

下剤として使用されるマグネシウムが含まれているため、便秘に良いと言われています。

便通の改善に効果が期待出来るというので、ダイエット目的で硬水のミネラルウオーターを飲む人もいるそうですよ。


一方の軟水は、まろやかな口当たりと、さっぱりした風味が特徴。

マグネシウムの含有量が少なく、お腹に優しいので、赤ちゃんや、小さな子どもにも、安心して与える事が出来ます。


料理面で言うと…

硬水には、肉の臭みを消したり、アクを出しやすくする働きがあるため、洋風の煮込み料理などが合っています。


軟水には、和食の料理が合っています。

和食の要と言われる昆布や鰹節でとる出汁…

ミネラル成分が多い硬水を使うと、タンパク質が固まり、旨味成分が溶け出しにくくなってしまうそうです。


そして実は国内でも…


水の硬度が低い軟水の関西では、

昆布の旨みをしっかり引き出せる昆布だしが発達。

関東は、硬度が高めの軟水なので、昆布の旨みが抽出されにくく、鰹節など、魚の出汁が使われるように。

そして、魚の出汁は風味が強いので、濃口醤油を使うようになったそうです。


味の文化の差にも、水の硬度が関係している、という、興味深い話(?)で、今日の♫コーヒーブレイク♫(水の日)は終了です。


因みに今年は、梅雨が長く、雨がいっぱい降ったので「水不足」の心配はない模様^_^


でも…

いつでも自由に水を使える、有り難い環境に感謝しながらも…

「節水」は、常日頃から、皆で心がけていきたいものですね^_^


                                 ♫  シャーベットメロン  ♫