mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

♫ 今日は何の日 ♫ ( 7月29日は七福神の日 )

「今日は何の日」7月29日は「七福神の日」


「しち(7)ふ(2)く(9)」の語呂合わせで、記念日に制定。


同じ語呂合わせで、この日は「福神漬けの日」でもあります。


福神漬けの方は「しち(7)ふ(2)く(9)」の語呂合わせと、福神漬けとは深〜い繋がり(?)のカレーを食べて、夏バテを防止しましょう、との願いを込めて、ある食品メーカーが制定。


七福神の方も、あるお煎餅屋さんが制定したものです。


両方とも、かなりローカルな制定の仕方の模様。面白いですね〜


でも、せっかくなので、少し調べてみました。

良かったら、今日の、話題作りの参考にしてください^_^


まずは七福神


7柱(ななはしら)の神様(神様は「柱」で数えます)を分かりやすく紹介しましょう^_^


「恵比寿」

     商売繁昌、除災招福、大漁豊作

    「鯛を釣ってる恵比寿さん」


「大黒天」

     五穀豊穣、子孫繁栄、出世開運

    「袋を担いだ大黒さん」


毘沙門天

     大願成就、降魔厄除、財宝富貴

     「槍を持ってる毘沙門天


「弁財天」

     諸芸上達、学徳成就、恋愛成就

     「紅一点の弁天さん」


「福禄寿」

     財運招福、長寿延命、招徳人望

     「頭の長い福禄寿」


「寿老人」

     長寿幸福、家庭円満、福徳知恵

     「年をとってる寿老人」


布袋尊

     千客万来、家運隆盛、家庭円満

      「お腹の大きな布袋和尚」


すごいですね〜

7柱の神様が揃ったら、とても良い運気で満たされそう…


そして…

この7柱の神様は船に乗ってますよね〜


何と、この船は…

「宝船」です^_^

もう、笑いが止まらなくなりそう^_^


この「宝船」には、めでたい呪物(じゅぶつ)(特別な霊が宿ると信じられているもの。その時々で、色々な物が呪物に…例えば寺社の護符とか、刀剣とか、杓子とか、絵馬とか、縁起物としてのくま手とか、招き猫とか)がたくさん積まれ、七福神が乗っています。


でも、その昔の「宝船」には、稲だけが積まれていました。

七福神が乗った宝船の絵が描かれたのは室町時代以降。そして、それが一般に広まったのは、江戸時代です。


初夢の枕元に七福神の絵を置くと良い、との言い伝えもありますが…


常時見えるところに、七福神の絵を飾っておけば、ご利益がありそうな気がして来ましたね^_^


七福神巡りなどもあるようです。

興味のある人は、調べてみたら如何でしょう?^_^


では次に「福神漬け」です。


福神漬けは、何種類もの野菜が使用されているため、七福神にあやかって命名された、と言われています。


あと、ご飯に福神漬けがあれば、おかず要らずで、食費が浮いてお金が貯まるから、まるで福の神のような漬物だ、という説もあるようです。


福神漬けに使われる野菜の定義は、特別には無いようですが…

一般的には、大根、ナス、きゅうり、なた豆、レンコン、人参、しそ、生姜、ゴマ、昆布、などが使われるようです。

なた豆は「ジャックと豆の木」のモデルになったと言われている豆。若いサヤを輪切りに切った物が使われているようです。


福神漬けは、家庭でも簡単に作る事が出来ます。

塩で下漬けした野菜を塩抜きし、調味液(醤油、砂糖、みりん、酢など)で漬けて作ります。

が、細かいテクニックが幾つかありますので、こちらも興味のある方は、調べて、ぜひ作ってみてください。


家で作った福神漬けは、かなり美味しいと思います^_^


以上、長くなりましたが、今日(7月29日)の情報です。


ご参考まで…

今日も一日、ごきげんにお過ごしくださいね^_^


                                  ♫ シャーベットメロン ♫