mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

☆* 週刊Mばーちゃん *☆ 23号

またまたテレビネタですが…


平成生まれ30人に向けて、昭和生まれの人から、ちょっと失礼じゃないの?と思えるような「超常識問題」を出して、何人出来るか、また、間違えた人の答えを見て面白がるという番組…


驚きましたね〜

鰹節が鰹から出来ていることを知らない人、30人中4人。


縁起の悪い枕が北枕だと知らない人11人。


太陽が東から昇ることを知らない人12人。

(西から昇ると思っていた人が5人…どうも、天才バカボンの歌から、そう思いこんでいた人も多い模様)


日本で最初に国民栄誉賞をもらった人、王貞治さんの、1本足フォームの写真付きで、これが誰だか分からない人、20人…

(間違えの中で多かったのは、長嶋茂雄さん、イチローさん、松井秀喜さん、原辰徳さんetc…)

時代は変わったというか…情けない…


相撲の「しこ」を知らない人9人。


たらこが鱈の卵だと知らない人9人…

間違えの答えの中には…

たらこの親はサーモンとかブリとかマスとか色々…


番組の最後に(前回の時と同じ問題)

とり肉は何の肉?の質問に2人が不正解…

間違えのうち1人は、とり肉と言えば七面鳥だと思っていたと…

あと1人は、とり肉は鳥の肉だと…

では、何の鳥だと聞いたら、鳥は鳥だと…

正解はニワトリですよ、と言ったら、そんなこと、考えたことなかったと…


昭和生まれが常識と思っていた事が、平成生まれの人にとっては知らなくても当然の事なのでしょうかね〜?


私が子どもの頃に「明治は遠くなりにけり」と、大人が言ってるのを、時々耳にしましたが。

来月からは年号も令和に変わって…

「昭和は遠くなりにけり」と言われる時代がやって来るのも時間の問題ですかね〜


ハァ〜


☆ Mばーちゃんより ☆