mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

☆* 週刊Mばーちゃん *☆ 10号

「あなたの所へもそのうち来るから、参考のために…」

と、先輩が見せてくれたのは、免許更新用に、高齢者に送られて来る(らしい)ハガキ。


来年5月に75歳になる先輩。

6ヶ月前に、と来たハガキなのでしょうか。


まず、認知のテストを受けてください。その後、いくつかの手続きを経て、初めて免許の更新が出来ますよ、と手順が書いてあります。


そして、裏側には、認知テストを受けるための、病院のリストが、ずらっと20軒くらい並んでいます。


「片っ端から、電話入れて見たんだけど…」

と先輩。

「どこの病院も、予約が一杯で、半年先でないと、空いてないって言われてしまったの。

でも、そうすると、免許の更新に間に合わないのよ…」

「ほんとに、そんなに予約入っているのかしら。おかしいよね〜

わざと、テスト受けられないようにしているんじゃないの?」


疑惑が募ります…


「でね〜

たまたま、一軒の病院、知り合いがいたので手を回してもらって、1ヶ月早く予約してもらう事が出来たの」


と先輩は言ってましたが…


高齢者の免許証、なるだけ返納させたいんだろうな〜

気持は分かるけど、しっかりしている人、していない人、歳を取れば取るほど、個人差が大きくなります。


せめて、入り口の認知テストくらい、公正に受けさせてもらいたいものと、話を聞いて、つくづく思いました。


各病院はもっと、門戸を広げてもらいたいものですね。それとも政府から、なるだけ予約を取らないよう、指示されているのでしょうか?


高齢者の運転が、テレビなどで取り上げられていますが、今問題の「あおり運転」など、若者の運転マナーも、本当に気をつけなくてはならない事。


車は走る凶器だと言うことを(運転する人は)絶対に忘れてはいけないし、細心の注意を払って運転することを、常に心がけておく事が、事故減少につながるんだろうな〜


先輩が見せてくれた、免許更新のお知らせに、つくづく、色々と考えさせられた今週でした…


で、殊勝な事を書きましたが、Mばーちゃんは、今日ダンス、明日もダンス、明後日は、今年最後の試合^_^

相変わらずのダンス漬け…


頑張って、でも、楽しんで来ます。


皆さまとはまた、来週金曜日にお会いしましょう。


今週も、最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。


☆Mばーちゃんより☆