mbaachanのブログ

このブログは、若い人に向けてのメッセージです。核家族の今、昔からの知恵や考え方を広く伝えていくために発信しています。当サイトのプライバシーポリシーはこちら→https://www.mbaachan.work/entry/2019/07/04/222021

☆* 週刊Mばーちゃん *☆ 8号

おはようございます。


今日は11月30日。

年末まであと、31日。


今日はなんの日、11月30日を調べたら…


「本みりんの日」

い(1)い(1)み(3)りん(0)の語呂合わせ


「年金の日」

いい(11)未来(30)の語呂合わせ

年金の日が良い未来なんて…

皮肉?

誰が作った語呂合わせなのでしょうかね〜


他にも「カメラの日」など。

日本人は、今日はなんの日が大好き^_^

調べると、色々あって面白いです。


そして…

今日はなんの日とは関係ないけれど、私から、ダンスのうんちくを少し…


社交ダンスの競技会…

見たことのある人も、たくさんいらっしゃることでしょう。


以前はテレビ「ウリナリ」で、芸能人社交ダンス部が出来て、競技会の模様が放映されていました。

最近では「金スマ

キンタロー。&ロペスの大活躍。

山本アナも、じっくりと練習中でしょうか…


社交ダンスの競技会を見るとまず、綺麗に着飾った、ドレス姿の女性が目に入ってきます。

が、審査員の先生が見ているのは、実は男性の方です。


男性が綺麗にきちんと踊れば、女性も自ずと綺麗に見えるはず、という考え方です。


何故なら、社交ダンスは、男性のリードで踊るもの。ダンスの中で、女性の発言権はありません。


踊るステップ、向かう方向、女性の顔の向きまで、全てを男性が(口ではなく)ボディで伝えていくのです。


華の女性が綺麗に踊っているのは、男性が上手だから。


男性は、自分のリードがきちんと伝わるように、一生懸命練習します。

女性の方は、男性が上手に見えるよう、支える側として(?)こちらも一生懸命練習して、綺麗に踊れる努力をします。


競技で、良い成績をおさめること、また持ち級を維持していくことは、簡単ではありません。

何故なら、志も同じ、実力も同じレベルの人たちが、同じ競技に出場しているのですから…


社交ダンスをたしなむ人は、人口の約1割。競技ダンス人口は、更にその1割。


私と、その仲間たちは、全国100万人の競技ダンス愛好家の一部です^_^


仲間の中には、ほぼ毎日練習している人。

競技会で、常に上位の成績を取っている人。

コツコツと練習しているけど、中々花開かない人…

色々いますが、間違いなく言えるのは皆、ダンスが大好きです。


それほど踊ってないけど、24時間、ダンスの事を考えてる、って言う人もいるくらいです^_^


要するにダンス馬鹿です。


そして仲間たちは、ダンス馬鹿と言うと、何故か喜びます。

不思議な世界です…



ではまた、来週金曜日にお会いしましょう。


今回も、最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。


不思議な世界の一員^_^☆Mばーちゃんより☆